アメリカ野球留学

メジャーリーグでプレーする日本人選手も多く、メジャーが身近になった背景もあり、ベースボール発祥の地アメリカで野球留学を希望する生徒が増えています。

最高峰リーグ MLB 、その傘下のマイナーリーグ、カナダも含めた独立リーグ、メキシカンリーグなどアメリカを中心に多くのプロリーグやチームがあります。

プロ選手になれるのは僅かな選手です。学生時代には文武両道のライフバランスが必要です。高校卒業後、大学に進学をして NCAA、NAIA、NJCAA、CCCAA などの大学チームでプレーすることを目指します。

多くの大学では学生アスリートに対する奨学金を用意しており、スポーツに秀でた選手かつ、しっかりと勉強の方でも成績を残している選手に対して支払われます。多くの高校生はそこを目指しています。

特に NCAA Division 1 は選手にとってあこがれの場所です。奨学金対象選手は 1 チーム制限されているので、高校時代の野球と学校の成績がカギとなります。

IMG ベースボールアカデミー

全米 No.1 のスポーツ施設を誇る IMG には、6 面の天然芝野球場と練習場、フィットネスジムがあります。トレーニングは技術面だけでなく、メンタルトレーニングやフィジカルトレーニングも行われ総合的にトップアスリートを目指します。

中学生から高校生 + PG(高卒 1 年目チーム)まで 7 チームある大所帯のチームです。全米 TOP 5 に常にランキングされる強豪校です。IMG には多くのカレッジコーチやリクルーターが訪れます。多くのカレッジ関係者の目に留まる環境があるのは魅力です。

ウェブサイトはこちら

対象:7 年生 ~ 12 年生 + PG(高卒 1 年目)
短期キャンプ:毎週 最短 1 週間より受け入れ 可(10 歳 ~ 18 歳)
年間費用:$80,000

モントバーデアカデミー

2017 年 WBC プエルトリコ代表、3 年連続 MLB オールスター選手に選出されている Francisco Lindor 選手を始め、2010 年以降 8 選手が MLB ドラフトで指名されるほか、NCAA Division 1 や 2 に毎年進学するなど実績あるチームです。

2017-2018 年度全米高校ランキング 3 位。年間通して野球のトレーニングが出来ます。春のシーズンは州チャンピオン目指してリーグ戦で戦う他トーナメントにも参加しています。2017 年シーズン は 25 勝無敗でした。

天然芝野球場にフィットネスジム、フロリダの恵まれた気候といい環境の下野球に集中できます。野球チームのコーチ陣は、ニューヨークヤンキースなど 5 チームで 14 年プロとしてプレーしたバレンシアコーチ 3 名です。

ウェブサイトはこちら

対象:9 年生 ~ 12 年生
短期キャンプ:無し
年間費用:$55,000

キングスアカデミー

2019-2020 年度より2013年ワールドシリーズを制したボストンレッドソックスの正捕手であった Jarrod Saltalamacchia 氏をヘッドコーチとして迎えました。MLB 通算 110本塁打、381 打点の実績ある名選手です。

キングスアカデミーは春のリーグ戦と州チャンピオンを目指してシーズンオフである秋もコンディショニングトレーニングなど行います。

フロリダ州ウェストパームビーチの恵まれた気候と天然芝の野球場、トレーニング施設が魅力。

ウェブサイトはこちら

対象:9 年生 ~ 12 年生
短期キャンプ:無
年間費用:$27,000(ホームステイ)、$39,000(ボーディングハウス)

ボレススクール高校

 

フロリダ州第二の都市ジャクソンビルにある名門私立学校ボレススクールの野球チームは秋のフィジカルトレーニングやスピードトレーニングなど専門コーチによるトレーニングから始まり春のシーズンの州チャンピオンを目指します。

教育レベルも高いボレススクールですが、野球部卒業生はフロリダ大学、ジョージア大学、コネチカット大学などへ進学をしています。高校野球ランキングでも 150 位以内の強豪。

ウェブサイトはこちら

対象:9 年生 ~ 12 年生
短期キャンプ:無
年間費用:$59,000

セントトーマスモアスクール

コネチカット州オークデールにある全寮制ボーディングスクールの野球チームは2019-2020年度より年間野球が出来る環境となりました。コネチカットベースボールアカデミー創始者をヘッドコーチに迎えバッティングコーチ、ピッチングコーチなどを招集。

ホームゲームは、マイナーリーグチームが本拠地としている Dodd Stadium を使用します。プロが使用するスタジアムで試合を行います。また、ライブ放送もありパソコンで試合観戦ができます。

ウェブサイトはこちら

対象:8 年生 ~ 12 年生 + PG
短期キャンプ:無
年間費用:$59,000

ケネディーカトリックハイスクール

デトロイトタイガース傘下のマイナーリーグでプレーした元プロ選手 Dale Dolejsi ヘッドコーチほか、4名のコーチが Varsity & JV の 2 チームを指導します。

競争力の高い NPSL 4A リーグでリーグ優勝と州チャンピオンを目指します。日本人もなじみやすい環境の野球チームです。ワシントン州の名門高校で勉強と野球の両立を目指します。

滞在先は男子寮がありますが学校手配のホームステイも可能です。

ウェブサイトはこちら

対象:8 年生 ~ 12 年生
短期キャンプ:無
年間費用:$47,000

ジェイセラカトリックハイスクール

2017 年 MLB 全米ドラフト 1 位指名を受けたロイスルイス選手の出身校。 2003 年創立の進学校です。天然芝の野球場に恵まれたスポーツ施設は全米 1 位 2 位を争う。

ヘッドコーチはマイナーリーグでプレーをしたプロ選手。春にはジェイセラ開催のスコットボラストーナメントも開かれるなど野球の強豪校として知られています。滞在先はホームステイとなります。

ウェブサイトはこちら

対象:8 年生 ~ 12 年生
短期キャンプ:無
年間費用:$52,000

ブルックヒルスクール

テキサス州ダラスより東に車で 90 分に広大なキャンパスを構えるブルックヒルスクールはスポーツ力を入れた生徒数約 380 人の中高一貫のボーディングスクールです。

8 月のサマートレーニングから始まり秋の州チャンピオンを目指します。2011 年2012年2013年と 3 年連続州チャンピオンに輝く強豪校です。2020 年春には新しい人工芝のベースフィールドが完成しました。テキサス州独特のルールで公立私立や学校の規模関係なく同じ地区の学校がリーグ戦を戦います。

春は 2 月初旬から 4 月にかけて高校野球シーズンで州チャンピオンを目指します。ブルックヒルの学生アスリートは、Athletic Period が設けられ日々ウェイトトレーニングなどをすることが義務付けられているなど、スポーツをする環境にも恵まれています。

ウェブサイトはこちら

対象:8 年生 ~ 12 年生
短期キャンプ:なし
年間費用:約 $53,000